NIGHT-VIEW


美しい夜景を誇る函館を舞台にした選挙のお話。太郎が編集しています。
by 2007ele
以前の記事
2007年 03月
2007年 02月
カテゴリ
リンク
西尾まさのり応援HP
(子ども達の笑顔と未来の会)

井上博司を応援するHP
(21世紀の函館を創る会)

アリババのつぶやき
(西尾前助役)

HAKODADI
函館の政治と経済

(HAKODADI氏)

函館のニュースな出来事
(キトラ氏)

北海道新聞

北海道新聞は北海道新聞社(本社・札幌市中央区)の発行する朝刊・夕刊の新聞

現在の発行部数は、朝刊約120万部、夕刊約70万部で道内でのシェアは70%と圧倒的。

全国紙>ブロック紙>地方紙の順に規模が小さくなっていくが、ブロック紙に分類される。



引用・参考:ウィキペディア--北海道新聞
[PR]
# by 2007ele | 2007-02-24 10:41 | 北海道新聞

函館商工会議所

函館商工会議所---1895(明治28)年9月29日創設

所在地:北海道函館市若松町15-7-61

会員企業リスト(2744社:2007/02/24現在)


会 頭:髙野 洋藏((株)道水:水産業 代表取締役会長)

副会頭:沼崎 弥太郎((株)エスイーシー:情報関連企業 代表取締役社長)

     泉 清治(函館空港ビルデング(株) 代表取締役社長)

     柳沢 勝((株)魚長食品:スーパー魚長、はこだてビール、ホテルロイヤルなど 代表取締役)

     森川 基嗣( (株)森川組:建設業 代表取締役社長 )
[PR]
# by 2007ele | 2007-02-24 09:44 | 井上陣営

函館市長選/西尾前助役が出馬の意向

函館市長選/西尾前助役が出馬の意向
2007年02月23日


 函館市の西尾正範・前助役(58)が22日、4月の同市長選に立候補する意向を表明した。高校時代の友人らで結成した「子ども達の笑顔と未来の会」(斉藤裕志会長)が「市の将来をどうするのか訴えて信を問うべきだ」と要請したのに対して、「重く受け止めている。出来るだけ早く公にしたい」と語った。24日にも正式表明する。


 西尾氏は、井上博司市長と市内の情報誌との関係など政治倫理を問い、水族館建設構想の是非などについて訴えるとしている。


 西尾氏は京大出身。市企画部長を経て03年7月に助役に就任したが、情報誌の発行人が市政に深くかかわっていると指摘。違法な福祉施設の建設問題を巡っても井上市長と対立し、昨年12月に任期途中で辞職した。


 市長選には、これまでに井上市長が3選を目指して立候補を表明している。



http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000440702230004
[PR]
# by 2007ele | 2007-02-23 23:59 | 朝日新聞

[参考]福島 恭二


d0110826_2395839.jpg

福島 恭二
生年月日19**(昭和**)**年**月**日(2007年4月現在67歳)

ホームページ:なし

所属:民主・市民ネット


○経歴○
木古内町生まれ
1962(昭和37)年 函館市交通局入職
1983(昭和58)年 函館市議会議員初当選
1995(平成 7)年 函館市議会議員当選(4期目)、議長就任(1度目)
2003(平成15)年 函館市議会議員当選(6期目)、議長就任(2度目)
※6期目まで連続当選



井上博司函館市長、高野洋藏函館商工会議所会頭と親しいとされている。

各紙の報道によれば、福祉施設建設計画おいて口利きをした。




※*は不明であることを示しています
[PR]
# by 2007ele | 2007-02-23 23:07 | 井上陣営

函館市長選 西尾・前助役、出馬の意向 「市民の信問う」

’07統一選:函館市長選 西尾・前助役、出馬の意向 「市民の信問う」

2月23日12時2分配信 毎日新聞

 ◇後援会の要請受け
 4月22日に投開票される函館市長選で、井上博司市長(70)の政治姿勢などを批判して助役を退任した西尾正範氏(58)は22日、函館市内の自宅で「政治倫理や水族館問題などについて市民の信を問うことが必要だ」と報道陣に語り、無所属で立候補する意向を明らかにした。24日に記者会見し、正式表明する。3選を目指し立候補を表明している井上市長との一騎打ちの構図になる。
 西尾氏は22日、出身の函館ラ・サール高校5期会有志が設立した後援会「子ども達の笑顔と未来の会」の要請を受けた。斉藤裕志会長(58)=歯科医師=が「市政はよどみ沈滞している。まちの将来をどうしていくのかを訴え、市民に信を問うべきではないか」と決断を促した。西尾氏は「重く受け止め、早々に私自身の気持ちを固めて公にしたい」と答えた。
 立候補の背景には、地元政界雑誌主宰者が市に圧力をかけた民間老人ホーム建設計画を巡り、本来は認められない事例なのに井上市長が福島恭二市議会議長(67)を同席させた“密室”の市長室で再検討を指示したとされる問題がある。
 西尾氏はこの問題を含む政治倫理を前面に掲げるほか、一時凍結された水族館(仮称・海の生態科学館)を建設しない方針や、人口減少と市民所得の落ち込みにあえぐ同市の振興策を争点にする構えだ。
 一方、井上市長は今月2日に同市松風町に後援会事務所を開設。自民党が推薦を決め、民主党も8区総支部が同党北海道に推薦を上申している。公約に(1)「海の科学館」推進を含む福祉・文化都市の実現(2)知の集積と交流によるまちづくり(3)新幹線時代を見据えた産業政策の推進(4)市民共働のまちづくり――の4本柱を挙げる。【安味伸一】


引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070223-00000113-mailo-hok
[PR]
# by 2007ele | 2007-02-23 15:50 | 毎日新聞

函館市長選、西尾氏 事実上の出馬表明

函館市長選、西尾氏 事実上の出馬表明
2007年 2月 23日 (金)

 函館市前助役の西尾正範氏(58)は22日、同氏支援団体「子ども達の笑顔と未来の会」の齊藤裕志会長(58)から、4月の同市市長選への立候補要請を受けた。西尾氏は「立候補しなければ、立つ人はもういないと思う。重く受け止め、真剣に検討する」と述べ、前向きな考えを示した。24日に出馬表明し、具体的なマニフェスト(選挙公約)を発表する見通し。市長選に立候補を表明しているのは、現職の井上博司氏(70)だけで、選挙戦となることが確定的になった。

 同会は、西尾氏の高校時代の同期生有志が中心となり、18日に発足。同会の齊藤会長と星野裕副会長(58)ら5人が、西尾氏の自宅を訪れ、齊藤会長が「全力を尽くして応援する」と西尾氏に要請書を手渡した。

 これを受けて西尾氏は、昨年末の助役辞職後、出馬を望む声が多方面からあったことを明らかにした。「行政は、さまざまな問題で利害が絡むので、公平、公正、社会正義を踏まえなくてはならない。残念ながら、悪い方向に向かっている」と、市政運営への思いを述べた。

 また、「候補を擁立した時のために、自分なりに函館市に必要な政策を書きためてきた。マニフェストを掲げるのは有権者に対する責任」とし、出馬表明と同時に公約発表の準備があることを明らかにした。

 さらに、仮に立候補となればと前置きした上で、(1)議会、経済界と密な関係にある市長の政治倫理(2)水族館建設の是非と時代認識(3)人口減少、市民所得の低下など、地域の閉そく感―の3点を課題として挙げ、市民に信を問うとして、現職候補との対決姿勢をあらためて示した。

 西尾氏は、函館ラ・サール高、京大文学部卒。1973年旧亀田市に入庁し、2003年7月、助役に就任した。任期を6カ月余り残し、井上市長の行政運営を批判して辞職。その後、市長と市議会議長の関係に疑義を唱えたり、市長選の候補擁立を模索したりしていた。(今井正一)



引用元:http://www.hakodateshinbun.co.jp/topics/topic_2007_2_23.html
(上から二つ目)
[PR]
# by 2007ele | 2007-02-23 15:45 | 函館新聞

日程


函館市長選挙


告示日(立候補届出日):4月15日(日)

投票日:4月22日(日)

期日前投票・不在者投票のできる期間:4月16日(月)~4月21日(土)

函館市で投票できる条件:
昭和62年4月23日までに出生し、平成19年1月14日までに函館市に住民登録をして、投票日に函館市に在住していること

※ 函館市で投票するためには、函館市の選挙人名簿に登録されていることが必要です。


引用元:統一地方選挙のお知らせ(函館市選挙管理委員会事務局)より一部改変
[PR]
# by 2007ele | 2007-02-23 15:43 | 選挙

西尾 正範


d0110826_16285543.jpg

西尾 正範(ニシオ マサノリ)

生年月日:1949(昭和24)年1月3日(2007年4月現在58歳)

ブログ:アリババのつぶやき


後援会:子ども達の笑顔と未来の会(函館市中島町23-6)
会長 齊藤 裕志(歯科医師)  副会長 星野 裕(会社役員)

支持層:函館ラ・サール高校OBの一部、アンチ井上陣営
表面上は井上派でも内心はアンチ井上が相当数いると思われるものの、
具体数については全く不明。


○経歴○
1961(昭和36)年 3月 函館市立中島小学校卒業
1964(昭和39)年 3月 函館市立中央(現凌雲)中学校卒業
1967(昭和42)年 3月 函館ラ・サール高等学校卒業(5期生)
1972(昭和47)年 3月 京都大学文学部史学科卒業
1973(昭和48)年 4月 旧亀田市入庁建設部管理課
(1973(昭和48)年12月亀田市が函館市に吸収合併)
1973(昭和48)年12月 函館市市民部亀田支所庶務課(2年)
1976(昭和51)年 1月 函館市役所職員労働組合専従執行委員(1年10ヶ月)
1977(昭和52)年11月 函館市市民部亀田支所産業課(1年11ヶ月)
1979(昭和54)年10月 函館市教育委員会(11年5ヶ月)
                図書館本館、学校教育課、スポーツ課、社会教育課、
                文化・スポーツ振興財団芸術文化振興課長を歴任
1991(平成 3)年 4月 函館市企画部(総合計画担当参事、企画管理課長)(7年)
1998(平成10)年 4月 函館市企画部次長(1年2ヶ月)
1999(平成11)年 6月 函館市企画部部長(4年)
2003(平成15)年 7月 函館市助役就任(3年5ヶ月)
2006(平成18)年12月 函館市助役辞職
2007(平成19)年 2月 函館市長選立候補表明

※カッコは在職年数です。

引用元:公式プロフィール函館電子新聞


last revise:2007/02/25 00:47
[PR]
# by 2007ele | 2007-02-23 07:22 | 西尾陣営

井上 博司

d0110826_16233159.jpg


井上 博司(イノウエ ヒロシ)

生年月日1936(昭和11)年9月7日(2007年4月現在70歳)

ホームページ:なし


後援会:21世紀の函館を創る会(函館市松風町9番15号旧フタバヤビル)
会長:村瀬順一郎(村瀬鉄工所代表取締役)

支持層:函館商工会議所
企業の加入率が高いため、商工会議所会員企業のうちでどれだけが支持しているかは不明。

自民党推薦、公明党推薦、民主党推薦(予定)


○経歴○
1955(昭和30)年 3月 北海道立函館西高等学校卒業
1955(昭和30)年 4月 函館市入庁
1975(昭和50)年 8月 函館市企画部調整課長(5年3ヶ月)
1980(昭和55)年11月 函館市企画部企画室次長(2年9ヶ月)
1983(昭和58)年 7月 函館市企画部企画室長(1年10ヶ月)
1985(昭和60)年 4月 函館市商工観光部長(4年)
1989(平成 1)年 4月 函館市市民部長(2年)
1991(平成 3)年 4月 函館市企画部長(5年)
1996(平成 8)年 4月 函館市助役就任(3年)
1999(平成11)年 4月 函館市助役退職
1999(平成11)年 4月 函館市長選当選、就任
2003(平成15)年 4月 2期目当選、就任
任期満了日:2007(平成19)年4月26日

建設グラフ1999年11月号INTERVIEWより引用

※カッコは在職年数です。

last revise:2007/03/12 00:38
[PR]
# by 2007ele | 2007-02-23 07:20 | 井上陣営

2007/02/23 07:10 トップページ

<07統一地方選トピックス>
■西尾前助役の高校時代の同期生有志、西尾氏に対する4月の函館市長選への立候補要請を決め、支援団体「子ども達の笑顔と未来の会」を結成(2.18)
会長に斉藤裕志氏(歯科医)

【有料サイト/政治・政界・選挙特報】【視点/第1弾】
現実味を帯びてきた西尾正範前助役の函館市長選出馬
ついに出てきた西尾氏の本音・本心!「市長になりたくてしようがない」?
前代未聞の地域中核都市・30万都市としては全国例を見ない「親子ゲンカの市長選」へ~このうえは第3の市長選候補が出てくるかどうか?~

quoted at 2007/02/23 07:10
[PR]
# by 2007ele | 2007-02-23 07:16 | 函館電子新聞


タグ
最新のトラックバック
【BW】避けては通れない..
from 函館*eHAKOネタブログ
【BW】避けては通れない..
from 函館*eHAKOネタブログ
【BW】避けては通れない..
from 函館*eHAKOネタブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧