NIGHT-VIEW


美しい夜景を誇る函館を舞台にした選挙のお話。太郎が編集しています。
by 2007ele
以前の記事
2007年 03月
2007年 02月
カテゴリ
リンク
西尾まさのり応援HP
(子ども達の笑顔と未来の会)

井上博司を応援するHP
(21世紀の函館を創る会)

アリババのつぶやき
(西尾前助役)

HAKODADI
函館の政治と経済

(HAKODADI氏)

函館のニュースな出来事
(キトラ氏)

水族館建設は凍結…市長選で井上氏が公約

水族館建設は凍結…市長選で井上氏が公約

 4月15日告示、同22日投開票の函館市長選に立候補を表明している現職の井上博司氏(70)は22日、市内のホテルで公約を発表した。老朽化が進んでいる市民体育館の移転整備と市民会館の改築、乳幼児医療助成の小学校6年生までの拡大などを打ち出した。海の生態科学館(水族館)の建設は盛り込まなかった。

 一時凍結中の水族館整備は、財政再建後に市民の理解を得た上で進める考えだった。井上氏は、行財政改革による収支均衡が図られる年が2009年度の予定で、仮に当選しても任期が残り1年となることから、「あらためて市民に問うのはいかがなものか。4年間は凍結のままでいきたい。市民体育館の移転整備など新たなハード事業のニーズもある」と述べた。

 市民体育館の移転整備は概算で約60億円を見込み、コンベンション(会議や大会)機能を持たせる。次の任期で実施設計まで進める考え。また、体育館移転後に湯川町1の市民会館を建て替える計画で、事業費は概算で80―100億円。次の任期中に基本構想をまとめる。ともに市の負担が約3分の1で済む合併特例債の活用を目指す。

 このほか、国宝に指定された中空土偶を核とした縄文文化交流センターを南茅部地域に整備し、広域観光にも結びつける。奨学資金を大幅に拡充し、安心して子供を産み、育てられる環境づくりを進める。

 大型ハード事業の財源確保について井上氏は「事業費は毎年100億円程度を計上しており、健全財政を実現すれば間違いなく可能と考える」と答えた。

 施策の大綱として「市民生活の安定向上」「将来にわたって揺るぎない繁栄を続けるための基盤整備」の2点を掲げた。(高柳 謙)

http://www.hakodateshinbun.co.jp/topics/topic_2007_3_23.html
[PR]
by 2007ele | 2007-03-23 12:53 | 函館新聞
<< 応援サイトの疑惑 HP始動 >>


タグ
最新のトラックバック
【BW】避けては通れない..
from 函館*eHAKOネタブログ
【BW】避けては通れない..
from 函館*eHAKOネタブログ
【BW】避けては通れない..
from 函館*eHAKOネタブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧